ダイエットの間水分補給

ダイエットの間水分補給

ダイエットの間、水分補給に炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むように心掛けています。
食事はできるだけ野菜中心にし、肉や魚も取りながら買い物に行き、自分で料理をするようにしています。ダイエットに効果的な乳酸菌ドリンクやヨーグルトを食べ、便秘を防ぐようにしています。

 

ウォーキングもしながら、できるだけ自分の足を使って体重が減るように工夫しています。
毎日体重もはかり、体重をノートに記録することでダイエットのモチベーションが上がるようにもしています。ダイエットで厳禁なのは過剰な食事制限です。

 

無理に食事制限をしても元の食生活に戻したらすぐに体重は戻ってしまいますし、今後もその食事量を維持し続けることを考えると嫌になりますよね。
甘いものを永遠に食べないなど続くわけがないのですからやめましょう。

 

はじめはおっくうに感じるかもしれないけれど、やはり体を動かすのが一番だと思います。
ダイエットするにあたって最初に運動から始めるのではなく、大変でしょうから、まずは食事量を減らしてみましょう。食事前にはコップ1杯の水分を飲み軽く胃を膨らませます。

 

 

 

そして、ゆっくり食べるようにしましょう。

 

満腹の感覚は食事を始めてから20分後くらいから感じるとされているため、早く食べるのは避けましょう。
少なくとも20〜30回は噛むようにし、30分くらい時間でゆっくり食事するようにしましょう。
ダイエットで失敗しないためには、自分でさえもダイエットしている期間であると思わなくて済むくらいの、簡単なものにすること、苦しくないもの、持続できるものであることが大事だと思います。私が行っているのは、軽めのグルテンフリーダイエットです。完全無欠なグルテンフリーは難しいです。

 

 

 

私は、小麦粉の食品を主食から外しているだけなので、成果は少なめですが、持続しやすいです。
あと一つ行っているのが、食事は野菜を先に食べることです。これは口にする順番を変えるだけで、他に何も制約していないのでとてもシンプルで、継続することができます。

 

ダイエットをしようと気合を入れすぎるより、痩せる習慣を身につけることが大切だと思います。消費する分より、増えるカロリーが多いから太るので、カロリーを消費しやすい性格になることが大切だと思います。そのためには、タイムイズダイエットという考え方を知ることです。つまり、時間を大切にすることが痩せる元なのです。
今すべきことはすぐに取り掛かるようにしましょう。

 

 

掃除、洗濯、後片付けなど何でも思いついたらすぐに行動することを心がけてみると徐々に体重は軽くなっていくはずです。妊娠生活も安定期に差し掛かった頃、つわりがおさまり、急に体重が増えました。

 

 

 

このまま増え続けると、妊娠中に病気にかかると言われたため、ダイエットすることになりました。

 

私が実施したのは食事の内容を見直しただけです。それまでは特にセーブせずに食べてしまっていましたが、野菜メインのメニューに変更し、おやつもカロリーオフのものを選び、満腹感は感じられつつ、摂取しているカロリーは少ないように変えました。

 

内容を変えただけでお腹いっぱい食べていますが、特に体重が増えすぎることなく、順調です。ダイエットで一番効果がでたのはウォーキングをしたことでした。

 

こつこつ歩いて代謝を促進し、よく汗をかくことで体重を落とすのに一番効率的なダイエット方法でした。
体重はピーク時よりも5キロも落ちました。

 

 

 

食事制限についてはストレスを感じてしまい私は続きませんでした。歩きながら身体を動かすという取り組みやすいダイエットだと思います。

 

 

ぜひ試してみてください。

 

ダイエットを成功させるためには、偏りがあってはいけません。食事を全くしない、運動を全くしないなどでは無理に体重を減らしたとしてもリバウンドなどの原因となるのです。

 

炭水化物は少なめに、タンパク質をとったり栄養価の高い野菜を食べたりと栄養を考えた食事をとった上で適切なエクササイズを行うことで、リバウンドが起こりにくい体質になれるでしょう。ダイエットについては無茶をせず続けて行くことです。

 

 

食事と運動のバランスも大事です。食事には特に気をつけたいものです。あまりにも隔った食事をすると、むしろ、その反動がきてしまい好きなものを食べてしまうことが起きるのでリバウンドすることにつながりかねません。
美容的にも問題が出ます。炭水化物の量を少し押さえて、肉を魚に変えるとか。高タンパク低カロリーはダイエットの必須条件です。

 

ダイエットにはお金をかけるのではなく、普段の生活の中でひと手間かけてみるのはどうでしょう。
例えば、床掃除の時、ダスタークロスのようなもので拭くところを雑巾にしてみる。そうすることでカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありまた節約にもなり、よいことだらけです。もちろん、無理せずに続けられるレベルでいいのですが、出費は減らせて消費カロリーは増えることを探していければ意外と楽しんでダイエットができるのではないでしょうか。

関連ページ

ダイエットで絶対にやってはいけない
ダイエットで絶対にやってはいけないのは過度な食事制限。 食事制限は以前のパターンに戻すとすぐに体重は戻ってしまいますし、
私は今ダイエットを実行しています。
私は今ダイエットを、実行しています。以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが体調を崩したので、現在は運動と食事には気をかけています。運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳びや筋トレを毎日実行しています。
妊婦生活を初めて安定期に入った
妊婦生活を初めて安定期に入った頃、つわりが無くなり、一気に体重が増えました。 この調子で太り続けると、妊娠中に病気にかかると言われたので、ダイエットを開始しました。
夜8時を過ぎての食事は避けるように
夜8時を過ぎての食事は避けるようにしています。 それが難しいときは、寝る前の二時間は飲食しないようにしています。夕食は満腹になる手前で止めるようにしています。